紹介

HOME > 紹介 > 概要 > 紹介

板橋テクノバレーとは

自足機能強化のための融合技術を中心とした先端革新クラスタ
中央政府及び京畿道が、主導して国家競争力および板橋新都市自足機能強化に向けて造られたIT、BT、CT、NT及び融合技術を中心とした先端革新クラスタ(研究開発団地)です。

板橋テクノバレー造成事業の概要

  • 位置及び面積: 板橋新都市宅地開発地区内/661千平方㎡
  • 事業期間: 2005年~2015年
供給目的 総面積 導入機能
661千㎡  
招待・研究用地 48千㎡ 団地活性化に向けた政策的必要に応じグローバルR&D企業など招待誘致
一般研究用地 267千㎡ R&Dのための集積施設、共同研究センターなどの研究機能
L研究支援用地 118千㎡ 研究支援及び団地活性化に向けた各種支援機能
駐車場 228千㎡ 駐車場、緑地、道路など

板橋テクノバレーの特徴

首都圏広域的立地のメリット

板橋テクノバレーは、首都圏の巨大消費市場という広域的立地のメリットとともにソウルの上岩DMC、テヘランバレー、九老デジタル団地、道内の広橋、安山などの知識基盤インフラ集積地と近接し、様々なシナジー創出が可能です。

京畿道の体系的な企業支援システム

最適の企業環境を提供するため、グローバルR&Dセンター、公共支援センター、産学研R&Dセンターなど支援施設を構築し、京畿科学技術振興院に板橋テクノバレー支援団を設置し入居企業のオーダーメード型企業支援プログラムを提供しています。

大韓民国を代表するIT、BT、CT、NT企業のビジネスの拠点である。

SKケミカル、ポスコICT、サムスンテックウィン、LIGネクスウォン、アンラボ、NHNなど各分野で韓国を代表する国際的レベルの技術革新を先導する企業と韓国電子通信研究院(ETRI)のシステム半導体振興センターと韓国電子部品研究院(KETI)のSoCセンターなど、先端技術関連の研究機関との交流で、先端技術分野の成長潜在力を極大化することができます。